私たちの強み

一歩先行く技術力

次代を見つめ、時代をイノベートしていく大洋電機の未来力。

あらゆる仕様に対応できる制御盤設計とオーダーメイド生産。
そして最適工程運用による、短納期対応。
これらの強靱な総合システムプロデュースを大洋電機の「スタンダードパワー」とするなら、独自の視点で取り組む次代への技術開発は「イノベーションパワー」と呼べるかもしれません。世界を動かし変えていく力を、私たちから。
つねに時代の一歩先を見据え、次世代のコントロール・テクノロジーへと夢をつなぐ"未来力"を発信しつづけます。

制御盤のすべてを知りつくした「頭脳設計集団」

ハード(回路・制御)からソフト(シーケンサ・PLC)まで、30人体制の設計チームで一括対応。特にシーケンサソフトの設計に関しては国家資格者を擁し、「ハードだけ」「ソフトだけ」というかたよりのない、設計すべてをスムーズ&フラットに一括してお任せいただけます。仕様書がない場合も「こういう制御盤を作りたいんだけど」というご要望をお伺いして、当社の設計チームがご希望以上のクオリティに設計致します。

部品メーカーとの太いパイプで高性能化に貢献

シーケンサとタッチパネルの組み合わせも、お客様の仕様をプロの視点で吟味したうえで、さらに使いやすく高性能になるよう最適な部品をチョイス。一部のメーカーには直接講習会に参加して認定証を取得するなど、どこのメーカーにも対応できる幅の広さが当社ならではの特長です。

大洋電機なら多種多彩なメーカーを使用できます

シーケンサ/PLC
三菱電機、オムロン、キーエンス、シーメンス、シャープ、富士電機、ジェイテクト、アレンブラッドリー、横河
タッチパネル
三菱電機、デジタル、オムロン、発紘電機、シーメンス、IDEC、ジェイテクト

 

感性でつくる美しい制御盤

写真:制御盤

操作性や視認性に配慮したメ-タ-・パネル類の配置。また、美しく流れるような配線レイアウトなど。完成後の仕上がりはもちろん、設置される工場との美しいコントラストまで見越した「感性でつくる制御盤」を心掛けています。

高性能・高機能を実現する次世代製品の開発

防爆エリアに対応する「エア配線」のほか、通常はファンやクーラーが主流の空冷式盤であるが、当社では、「水冷インバーター盤」を大手商社と共同研究しオリジナル製品として開発。排水と盤の放熱への対策から、通常は難しいとされていたこうした画期的な製品開発への取り組みも、常に次代を意識する私たちの重要なビジョンです。

世界市場を意識し最新技術にアプローチ

毎年、東京で開催される「システムコントロールフェア」、ドイツで開催される「ハノーバーメッセ」をはじめ、国内・海外の主要な展示会、イベントを積極的に視察。そこで世界市場の最先端情報を収集するとともに、最新の技術を有する新規メーカーとのパイプを広げ、当社制御盤のさらなる進化に役立てています。

省人化・効率化に貢献するリモートシステム開発

ブロードバンド時代の到来をいち早く予見し、インターネット回線を利用した「遠隔監視」「遠隔操作」システムの開発に先駆ける大洋電機。遠く離れた場所からFA機器を制御するリモートシステムは、距離や時間の概念を越え「省人化」「効率化」など、FA運用にまったく新しい価値と可能性を創造します。

遠隔監視・遠隔操作

FAパソコンとSCADAソフトを使用した「遠隔監視システム」。遠隔地にある工場設備や、教育研究機関における実験装置の遠隔監視など幅広い分野で活躍。異常を感知するとインターネット回線によるメール転送で情報が即時送信されるため、FA監視のために現地に人員を配置する必要がなくなり、省人化・設備情報の集約化に大きな効果を発揮します。
また「遠隔操作システム」では、国内・海外を問わず、遠隔地にある制御盤システムのソフト確認やソフト更新を、現地に行くことなく当社でリアルタイムに対応することが可能です。

最新デバイスの活用で情報共有のスマート化を提案

写真:最新デバイスの活用の様子

FAの効率的な運用、また万一のトラブル対応には、優れた情報共有=見える化が不可欠です。そこで当社では、タブレット端末・モバイル端末を制御盤システムと融合させることでスマートかつスムーズな情報連携システムを構築します。

  • 現状の設備状況が手元で把握できるため、トラブル対応にかかる時間を短縮
  • 電力監視の情報を共有することで、節電意識の向上を高めます
  • 地震・火災などの情報共有および避難誘導などの情報提示で安全対策を強化
  • 工場内の案内ツールとしても応用可能

ページトップへ戻る